/

この記事は会員限定です

日米独の株価チャートが暗示する「波乱」

証券部 酒井隆介

[有料会員限定]

12日の日経平均株価は小幅ながら続伸した。前日の海外株高にもかかわらず投資家の売買は盛り上がらず、上値追いのムードは広がらなかった。日本株はしばらく伸び悩むのではないか――。実は投資家の不安を誘い、買いの勢いを鈍らせている材料がある。日本、米国、ドイツの株価チャートにそろって調整シグナルが点灯しているのだ。

「上昇の勢いは鈍くなりそうだ。いまは押し目買いに徹するよう勧めている」。みずほ証券の三浦豊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン