/

この記事は会員限定です

米ユタ州の実験、日本が挑む宇宙の謎解き

ワシントン支局長 小竹洋之

[有料会員限定]

米西部ユタ州の州都ソルトレークシティー。ユニオン・パシフィック鉄道の旧駅舎の入り口近くに、日本語交じりのレリーフが飾ってある。

「明治4年 岩倉使節団ユタ訪問」――。岩倉具視を団長とする明治新政府の使節団は、1871年末から約3週間にわたってこの地に滞在した。サンフランシスコから鉄路でワシントンに向かう途中、大雪で足止めを食ったのだ。

関連記事
・6月9日 日経夕刊12面「こうのとり8月打ち上げ」
・6月8日 日経朝刊13面「ブラックホール、近くの星のガス吸引」
・5月10日 日経朝刊15面「別の銀河で発生? 不思議な電波」

以来、ユタ州は日本に縁のある地域となる。第2次世界大戦のさなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン