/

この記事は会員限定です

難局ホンダに新社長 「聖域改革」への処方箋

ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

[有料会員限定]

ホンダの8代目社長が今週17日、誕生します。専務執行役員から昇格する八郷隆弘氏です。ホンダは業績の停滞や品質問題に直面していますが、問題の根は相当深いと考えられます。創業以来の危機が静かに忍び寄っているといっても過言ではありません。新社長が取り組むべき課題、そして復活のカギとは何なのでしょうか。

「イケイケ」型とは対極

八郷氏に対しては、2月の社長交代発表直後は確かに「八郷さんって誰?」といった声もありました。しかし、さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン