/

ビーコンと「通りすがりのスマホ」で豪雨予報

日経テクノロジーオンライン

アプリックスIPホールディングスとウェザーニューズは2015年6月8日、センサー搭載ビーコンとスマホ(スマホ)を使った気象情報の収集を開始すると発表した。専用の通信システムを用意することなく、スマホ経由で手軽に気象情報を収集できるようにした。

気象情報収集用のビーコンは、温度と湿度、気圧を測定するセンサーを搭載している。ビーコン情報とともに随時、測定結果を発信している。ビーコンは電池駆動のため設置場所の自由度が高く、より細かい地域の気象情報の測定に向いている。

一方、気象情報の収集に参加するユーザーは、あらかじめ対応アプリケーションソフトウエアをスマホにダウンロードしておく。参加ユーザーのスマホがビーコンの電波を受信すると、アプリケーションが自動で動作して情報をクラウドに送信する。複数のユーザーから収集した情報を基に、狭い地域での急激な気圧の変化による竜巻の発生や局所豪雨などの予報に活用する。

使用するビーコンは、ペアリングやセットアップが不要なアプリックスIPホールディングスの「センサー対応お知らせビーコン」を用いている。今回のように、多くの人が協力して情報を収集する「クラウドセンシング」に最適とする。

(日経テクノロジーオンライン 河合基伸)

[日経テクノロジーオンライン 2015年6月8日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン