Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンの先行くドローン配送 米企業、スイスで実証へ
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/3ページ)
2015/6/26 6:30
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米国のベンチャー企業Matternet(マターネット)が、ドローンを使った配送システムで覇権を狙っている。同社は既に新興国でドローン空輸ネットワークを展開し、実績を積んでいる。このシステムを、今後は米国や欧州などの先進国で展開する。Matternetが開発したドローンは、自律飛行して目的地まで荷物を運ぶ。消費者に商品を空輸するドローン配送技術をレポートする。

■次世代ドローンを明らかに

 Matternetは、シリコンバレーに拠点を置く新興企業で、ドローンを使った空輸ネットワークを開発している。

 このシステムは、既に開発途上国で医薬品の輸送などで使われてきた。Matternet共同創設者のAndreas Raptopoulos氏は、カンファレンス「Drones, Data X Conference」で、次世代ドローン「Matternet ONE」を明らかにした。

Matternet ONEの飛行イメージ(出典: Matternet)
画像の拡大

Matternet ONEの飛行イメージ(出典: Matternet)

 ドローンはオペレーターが操縦する必要は無く、自動運転車のように、目的地まで自律的に飛行する(上の写真)。このようなインテリジェントなドローンは「Smart Drone(スマートドローン)」と呼ばれている。ドローンは電子商取引(Eコマース)のパイプラインとして、店舗間で商品を移動したり、顧客に商品を配送したりする役割を担う。

■20キロの距離を飛行可能

出典: Matternet
画像の拡大

出典: Matternet

 Matternet ONE(右の写真)は配送専用に設計されたドローンで、都市部での配送を目的としている。重量1キログラムまでの荷物を積み、20キロメートルの距離を飛行できる。Matternet ONEは、クラウド「Matternet CLOUD」と交信しながら飛行する。通信方式の説明はなかったが、LTEなど携帯電話通信を利用するとみられる。

 飛行ルートは、地形などを考慮して事前に設定する。FAA(米国連邦航空局)が定める飛行場周辺などの飛行禁止区域や構造物を避けて飛行する。クラウドはドローンの運行状態をモニターするのに加えて、飛行データを蓄積。運行後、それを解析して、飛行に関する知見を得る。

■禁止区域や構造物避けて飛行

 Matternet ONEは、スマートフォン(スマホ)の専用アプリで操作する。まず、発送人は格納容器「Payload Box」に荷物を搭載し、離陸の準備をする。次に、スマホの専用アプリに目的地を入力する。Autoモードにすると、ドローンは自律的に指定されたルートを飛行する。

 目的地では、「Landing Pad」に着陸する。Landing Padにはマーカーが表示されている(下の写真、六角形の目印)。ドローンはカメラでこれを認識し、自律的に着陸する。その後、受取人はPayload Boxを開けて荷物を受け取る。

出典: Matternet
画像の拡大

出典: Matternet

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

ドローン、米国の状況は

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

VR体験のイメージ。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」を装着してプランを体感してもらう。VRの体験者が見ている映像は、打ち合わせの同席者もディスプレー上で確認することができる(資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

1億円超の邸宅建設 VRで「イメージギャップ」解消

「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VR(仮想現実)を活用する動きが活発になっている。設計事務所のフリーダムアーキテクツデザイン…続き (9/6)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • AIチップと5Gに重点、2018年度概算要求
  • 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状
  • EV化や自動運転は本当にメディアが騒ぐほど急激に進むのか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月21日付

2017年9月21日付

・データセクション、ツイッター投稿者の年代、性別を分析、番組制作に生かす
・太陽電池、光で劣化判別 東京農工大
・高速ひび割れ 色合いで示す 阪神高速
・明電舎、高効率パワコン開発 未稼働メガソーラー開拓
・製薬大手、AI活用で知見蓄積 アステラスやエーザイ…続き

[PR]

関連媒体サイト