/

この記事は会員限定です

新型スポーツカー続々 若者との溝埋まるか

[有料会員限定]

自動車メーカーが新型のスポーツ車を相次いで発売している。バブル経済が崩壊した1990年代以降、長らく存在感が薄れていたスポーツ車だが、今年4月にホンダが軽自動車の「S660」を投入。マツダは10年ぶりに看板車種の「ロードスター」を全面改良した。足元の景気回復もあってメーカーは意気を上げているが、購入客は40~60代の中高年が中心。副次効果として期待する「若者のクルマ離れに歯止めをかける」までには至...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1717文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

消費を斬る

話題のヒット商品やトレンドの背景を専門記者が最前線の取材から分析、「今なぜ売れるのか」「次の流行は何か」を解き明かす。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン