/

この記事は会員限定です

韓国で感染拡大のMERS 危険性と予防策は

大石和徳・国立感染症研究所感染症疫学センター長に聞く

[有料会員限定]

韓国で感染が広がり、死者も出ている中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)。これまでに中東などで見つかったウイルスより感染力は高まっているのか。この分野に詳しい国立感染症研究所の大石和徳・感染症疫学センター長に聞いた。

感染力はインフルエンザより弱い

――ウイルスに遺伝子変異が起きて感染力が高まった可能性はあるのでしょうか。

「今回のような感染拡大はこれまでにサウジアラビアなどでも起きている。現時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン