/

この記事は会員限定です

その社内ルールが危ない 年金情報流出の本質

ラック 取締役 専務執行役員CTO(最高技術責任者) 西本 逸郎

[有料会員限定]

日本年金機構がサイバー攻撃を受け、約125万人の個人情報が流出したことが明らかになった。国内の公的機関としては過去最大規模の情報漏洩となる。今回の事件により、同機構のセキュリティ意識の低さが浮き彫りになった。「なぜ偽メールを開封したのか」と、きっかけとなった職員を責める風潮になっているが、こう非難する側の認識は間違いだ。

事件で問題となった標的型攻撃では、企業や組織の内部でスパイ活動をするための...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン