/

この記事は会員限定です

12年半ぶり円安でも買えない輸出株

証券部 松本裕子

[有料会員限定]

「いつまでも上昇するとは考えにくいからね」。13日ぶりに小幅反落となった2日の東京株式市場では、こんな声が聞かれた。朝方は続伸して始まったが、午後に入ると下げに転じ、前日比26円安の2万0543円で取引を終了した。円相場が一時、1ドル=125円と12年半ぶりの円安水準になったにもかかわらず、株式市場で自動車など輸出関連株の反応は限られた。背景には、米景気の先行きに強気になれない投資家の心理がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン