2018年1月19日(金)

駆ける魂

フォローする

世界ジュニアの挫折に涙 フィギュア・宮原知子(中)

2015/6/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 電車の中で突然ボロボロと涙をこぼしたという。2013年3月。当時14歳だった宮原知子(17、大阪・関大高)は、イタリアで行われたフィギュアスケート世界ジュニア選手権での戦いを終えて帰路に就いていた。関西空港から特急に乗り、コーチの浜田美栄と田村岳斗(やまと)とは途中で別れ、母の裕子(やすこ)と2人きりになった。すると、一度は胸の奥底にしまい込んだ思いが、みるみるあふれ出て頬を伝った。

9つもの回

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

宮原知子田村岳斗フィギュアスケート

フィギュアスケートのコラム

駆ける魂 一覧

フォローする
人懐こい彼の周囲は笑顔が絶えない

 故郷スペインでたっぷり1カ月過ごし、ハビエル・フェルナンデスは8月初旬、カナダの練習拠点であるトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブに戻った。
 来年2月には平昌五輪がある。羽生結弦ら …続き (2017/8/27)

選手個人のリズムを理解したコーチ陣の計画に従って練習すると、試合前に不安にならないという

 トロントの冬は寒い。マドリードっ子のハビエル・フェルナンデスは自宅から徒歩10分のリンクに行くのさえつらい。「へい、乗ってけ」。練習開始時間が同じ日はコーチのブライアン・オーサーが車で拾ってくれる。 …続き (2017/8/27)

「すべきことをすれば表彰台に乗れる」と話す

 来年2月の平昌五輪は、スペインの雄ハビエル・フェルナンデスにとって3度目の五輪になる。
 2010年バンクーバー五輪は14位。まだ技のレベルが足りず、上位を狙えないと分かっていた。選手村など五輪の雰囲 …続き (2017/8/27)

ハイライト・スポーツ

[PR]