/

アップル大量調達で品薄、中国スマホ悩ますソニー部品

山田泰司 EMSOne

日経テクノロジーオンライン

ソニーがスマートフォン(スマホ)やタブレット端末に向けた積層型CMOSイメージセンサーの生産能力増強に力を入れている。2015年2月に1000億円を掛けて設備投資を行うと表明したのに続き、同年4月にも450億円の追加投資を発表。これによって、同社の生産能力は現行の単月6万枚から2016年9月末時点には8万7000枚にまで増強されるという。

生産能力を増強する理由として同社は、スマホなどモバイル機器の需要増が見込まれることを挙げている。

こうした中、スマホ市場の分析で定評のある中国人の2人のアナリストが、ソニーのCMOSイメージセンサーをテーマに書いたブログが、中国や台湾で注目を集めている。

「供給が寸断される恐れもある」

このアナリストは孫昌旭氏と潘九堂氏。孫氏は中国のIT(情報技術)情報サイトでシニアアナリストを務める女性で、中国のミニブログ「Weibo」(微博)に開設しているサイトには23万人のフォロワーがいる。一方の潘氏は、中小零細の電子部品業者が集積し「中国の秋葉原」と呼ばれる広東省深センの華強に拠点を構える調査会社で活躍するアナリスト。携帯電話と電子部品を担当している。

口火は先ず、孫氏が切った。2015年5月1日に発表したブログで、これまでも供給不足とされていたソニーのCMOSイメージセンサーが同年4月に入っていよいよ品薄になり、中国系のスマホブランド企業は上位10社がいずれも必要量を調達できずにいると指摘した。

5月はさらに深刻で、各社とも一体どれだけの数を確保できるのか不明な状態にあり、供給が寸断される恐れもあるとした。その上で、各社とも調達先を韓国Samsung Electronics(サムスン電子)や米Omnivision(オムニビジョン)にシフトすることで動いているが、調整には少なくとも2~3カ月の時間が必要だとした。

結果、5月に2015年の旗艦モデルを出す予定だったスマホブランド企業は、半年かけてその他の部品・材料の準備を全て整えたのに、CMOSイメージセンサーのみが揃わないため、材料を保管するコストがかさんでいると紹介した。

さらに孫氏は、中国系スマホ各社の具体的な調達状況についても言及している。シェアでトップ3にあるXiaomi(小米科技)とHuawei(華為)が必要量の50%、両社の下位にあるGionee(金立)、CoolPAD(酷派)、ZTE(中興)、Oppo(欧珀)は10~30%の確保にとどまっている。その他の小規模ブランドは、調達が一時滞る恐れがあるとの見方を示した。

「iPhone 6c」が供給不足の一因か

これほどの供給不足がなぜ起きたのか。孫氏は、米Apple(アップル)がソニーのCMOSイメージセンサーを大量に押さえたことが全ての源だ、と指摘する。

孫氏のこの指摘に、潘九堂氏がすぐさま反応した。同日のミニブログで、「状況は孫氏が指摘した通り」であるとした。ソニーのCMOSイメージセンサーはAppleがほとんどを買い上げた状態で、Appleは日本に社員を派遣し、ソニーの生産ラインに張り付けていると指摘。中国系スマホブランドについては、HuaweiとZTEが5~6月に調達できる数を確定したが、7月分はなお未定であり、その他の各社も含め、代替としてSamsung Electronicsからの調達も進めているとした。

さらに潘氏は、5月4日のブログで、孫氏よりもさらに踏み込んだ発言をした。ソニーのCMOSイメージセンサーの供給不足がここまで深刻になった状況を招いたのは、Appleが低価格の4型新モデル、すなわち「iPhone 6c」を出すために大量に発注したためだ、というのである。

Appleは2012年に投入した「iPhone 5」で、画面サイズをそれまでの3.5型から4型に拡大。さらに2014年には4.7型の「iPhone 6」と5.5型の「iPhone 6 Plus」を出す一方で、4型の新モデルは出さなかった。大型化を図ったiPhone 6シリーズが大ヒットしたことで、市場や業界にはAppleがこのまま4型の新モデルを出さないのではないかとの観測がある半面、専門家の中には投入するという意見も根強い。

Appleウオッチャーとして欧米でも名が知られている台湾KGI(凱基)証券のアナリスト郭明●(かねへんに其)氏は、2015年4月末に出した最新レポートで、2013年に発売された4型の「iPhone 5s」の販売が直近でもなお1四半期当たり500万~700万台で推移するなど好調だと指摘。価格が手頃で、新しい設計を採用した4型iPhoneの投入をAppleが必要だと判断しているとした。

その上で、iPhone 5sと同じ2013年に「廉価版」として発売された4型の「iPhone 5c」の後継機として4型の「iPhone 6c」を出すとの見方を示している。ただ、発売時期については郭氏が2016年になるとしているのに対し、潘氏は2015年下半期の予想と見方が分かれている。

台湾の販社は「売れるのに品がない」

ソニーのCMOSイメージセンサーが直近で深刻な供給不足にあるとの見方は、孫氏と潘氏の他にも出ている。台湾の金融情報サイト『理財網』(2015年4月29日付)は台湾業界筋の話として、台湾市場で流通するソニーのCMOSイメージセンサーの8割は、電子部品販売の台湾Sunnic(尚立)が販売していると指摘。

しかし、スマホを使った自撮り(セルフィー)の世界的なブームなどを背景に、ソニーのCMOSイメージセンサーに対する需要は急増しているが、Sunnicは供給不足で調達ができず、「売れるのに品物がない」とほぞを噛んでいるという。

[日経テクノロジーオンライン2015年5月11日付の記事を再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン