/

この記事は会員限定です

巨大現場を空から管理 常石、ドローンで造船革命

[有料会員限定]
 広島県福山市にある常石造船の現場は、"巨大"の一言につきる。製造する貨物船やコンテナ運搬船は、全長200メートルを超えるものも珍しくない。高さ40~60メートルのクレーンを使い、端から端へパイプなどの部材を運搬する。その造船現場の真上を飛び、空中で映像を撮影するのが小型無人飛行機「ドローン」。常石造船は、ドローンとビデオ会議システムを組み合わせ、効率的かつ安全に造船現場を管理する方法を模索している。造船業界でドローンを活用するのは過去に例がない。同社の取り組みを、現場で密着取材した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン