米ツアー ズームアップ

フォローする

全米オープン、勇気あるコース選び 選手は悪評続々
米ゴルフウイーク誌記者 ジム・マッケイブ

(1/2ページ)
2015/5/27 6:30
共有
印刷
その他

今が2015年ではなくて1975年で、ジャック・ニクラウス(米国)が75歳ではなく35歳なら――おそらく帝王と呼ばれる彼こそが、6月18~21日、シアトルから南へ車で1時間ほどのところにあるチェンバーズ・ベイGCで開催される全米オープンゴルフの絶対的な優勝候補ではないか。

来月の大会を前に漂う不穏な空気

かつてニクラウスは、6月に入って他の選手が来るべき全米オープンのコースについて、「フェアウエーが狭すぎる」「ラフが長すぎる」「グリーンが速すぎる」と不安を口にするほど、ほくそ笑んだもの。そして、自信を深めていった。

「そんなもの、気にしなければいいだけの話だ」

ニクラウスは全米オープンで史上最多タイの4勝を挙げている。「気にしなければいい」は、彼の全米オープンに臨む大前提であり、全米オープンを制す上での真理だった。彼はまた、少しでもネガティブなことが頭をよぎると、それがショットに影響することをよく心得ていた。特にメジャー大会では、技術以上にメンタルが試される。一つの不安要素から崩れることも少なくないからだ。

さて、ここからが今回の本題。今年の全米オープンが開催されるチェンバーズ・ベイは、ここにきて74年にウイングド・フットGCで行われた大会以来の悪評を招きかねない状況にある。

その41年前の大会では、前年の全米オープンを制したジョニー・ミラー(米国)らが、「ばかげている!」と膝まで伸びたラフをはじめとしたコースセッティングをこき下ろした。

それを批判したのが、全米オープンで3勝を挙げているヘール・アーウィン(米国)。「別に選手に不満を言わせたくてコースを設定しているわけではないだろうし、そもそも全員が同じ条件じゃないか」。ただ今回に関しては、始まる前から不穏な空気が漂っている。

「グリーンがひどい」「完全に茶番」

まず、米ツアーで通算3勝をマークしているライアン・パーマー(米国)がプレーした感想として、「全米オープンにはふさわしくない」と話した。「グリーンまではまずまずだ。しかし、グリーンがひどい」

チェンバーズ・ベイのグリーンはところどころ強い傾斜があり、小さなマウンドがいくつもある。そういうグリーンはフェアではない、ということのようだ。グリーンの問題は、かつてここでプレーし、ゴルフの世界殿堂入りしているトム・カイト(米国)も疑問視していた。

  • 1
  • 2
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
昨年はウッズの優勝で盛り上がったマスターズも3月中旬、延期を決めた=ロイターロイター

 本来なら来週9日から、オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)で男子ゴルフのマスターズ・トーナメントが始まる予定だった。大リーグが開幕し、バスケットボールの全米大学選手権(NCAAトーナメント) …続き (4/1)

プレミアゴルフリーグへの参加にマキロイは消極的だ=USA TODAYUSA TODAY

 1994年のことである。グレグ・ノーマン(オーストラリア)は、「ワールドゴルフツアー」という男子ゴルフの新しいツアー団体の設立を提案した。すでにテレビ局とも話をつけ、多くの選手の同意を取り付けた上で …続き (3/4)

今季も好調なスタートを切ったマキロイ=USA TODAYUSA TODAY

 男子ゴルフのロリー・マキロイ(英国)は今季、米ツアーに3試合出場し、優勝1回、3位タイが2回と、好調なスタートを切っている。
 1月下旬のファーマーズ・インシュアランス・オープンで3位タイになったのは …続き (2/5)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]