/

この記事は会員限定です

人工卵・肉、米IT長者も食糧ベンチャーに注目

マネー呼び込む食糧革命

[有料会員限定]

米シリコンバレーに名をとどろかせるIT(情報技術)長者たちも食糧ベンチャーに熱い視線を送っている。米ヤフー創業者として知られるジェリー・ヤン氏、米サン・マイクロシステムズ創業者のビノッド・コースラ氏、香港の大財閥、長江実業グループを興した大富豪の李嘉誠氏。そうそうたるメンバーがファンドを通じて出資したのが人工食品ベンチャーのハンプトン・クリーク・フーズ(カリフォルニア州)だ。豆類など植物性の原料で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン