/

この記事は会員限定です

「エッ!」と驚いた黒田総裁 量的目標を続ける真意

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「エッ! 市場参加者のあいだでそんな解釈が広がったのですか」。事務方から報告を受けた黒田東彦日銀総裁は、驚きの表情を浮かべた。日銀が今月初め、2年前に始めた量的・質的緩和(通称、異次元緩和)の効果を検証するリポートを公表してから、しばらくたった後の話である。

日銀は異次元緩和の緩和度合いを示す目安(操作目標)として、資金供給量(マネタリーベース)を使ってきた。だからこそ「量的」緩和なのだが、リポー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン