無人ヘリで「農力」アップ ヤマハ発や東大など

2015/5/19 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

無人の小型ヘリコプターや自立型小型無人機(ドローン)を使って農作業のコスト削減や省力化を後押しする動きが広がっている。後継者不足や安価な輸入農産物との競争など日本の農業を取り巻く環境は厳しい。空からの農業改革に期待が集まる。

5月上旬、栃木県大田原市。水田には水が張られ太陽の光でキラキラと輝いていた。そんなのどかな風景の中、無人の小型ヘリコプターがバラバラと音を立てて飛ぶ。ヘリが通るとしぶきが上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]