Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

夏に自動運転機能追加 テスラは「クルマ版iPhone」
宮本和明 米ベンチャークレフ代表

(1/4ページ)
2015/5/29 12:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 「Software-Defined Car」(ソフトウエアが機能を定義するクルマ)――。米Tesla Motors(テスラモーターズ、以下テスラ)の電気自動車(EV)に乗ると、それが既存の自動車ではなく、“走るコンピューター”であることを実感させられる(下の写真)。

試乗したTesla Model S 85D(出典: VentureClef)
画像の拡大

試乗したTesla Model S 85D(出典: VentureClef)

 実際、搭載されるソフトウエアは恒常的に進化し、アップデートが無線LANなどを経由してクルマにダウンロードされる。2015年夏に予定されているアップデートでは、自動運転機能が追加される予定だ。こうなると、Teslaを「情報通信機器」と区分してもさほど違和感はないだろう。急速に進化するTeslaをレポートする。

■iPhoneから多大な影響

 今回、筆者が試乗したのは「Tesla Model S 85D」。ユーザーインターフェースはタッチパネルで、クルマの機能をディスプレー上で操作する。iPhoneでアイコンにタッチしてアプリを使うように、Teslaの操作は直観的で、クール(かっこいい)な“アプリ”が揃っている。

 iPhoneにOS(基本ソフト)のアップデート版をダウンロードして機能を向上させるように、Teslaでも自動運転など新機能の追加はソフトウエアをダウンロードすればいい。クルマの設計思想がiPhoneから多大な影響を受けており、米国のシリコンバレー文化を感じさせる製品仕立てとなっている。

■2系統のコンピューターシステム

 Tesla MotorsのOwner AdvisorであるKim氏に操作を教えてもらいながら、テストドライブした。クルマの形状の鍵をポケットに入れたままクルマに近づくと、ドアハンドルがポップアップ。扉を開けることができるようになる。

 運転席にはキーを差し込むスロットや、スタートボタンがない。キーをポケットに入れたままで、レバー(ハンドル右側のバー)を上に押してエンジンを始動。このレバーは、シフトレバーを兼ねる。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 上の写真はエンジンを始動したところで、インスツルメントパネル(正面)には、速度や走行可能距離(写真では241マイル)が表示される。右手には、大型タッチスクリーンが設置されている(写真右端)。ここに操作や運行に関する情報が表示される。

 写真では、電力消費量(上部)とGoogle Mapsの地図(下部)が表示されている様子。インスツルメントパネルとタッチスクリーンは、2系統のコンピューターで稼働する。米NvidiaのVisual Computing Module(車載プロセッサー)が使われ、高速プロセッサー「Tegra K1」が2個搭載されている。2系統の高性能コンピューターが、運転をアシストする。

■走る場所に応じて設定を変更

 Teslaのユーザーインターフェースは、17インチのタッチスクリーン上でiPhoneを操作するようにクルマを制御する。下の写真は、サンルーフアイコンを指でスライドし、空ける操作をしている様子(スクリーン上部)だ。iPhoneでロックスクリーンを開く感覚で操作できる。スクリーン下部は、ヘッドライトや室内灯の操作画面で、ボタンにタッチして点灯する。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 サスペンション設定画面では、車高を設定できる。走行中は速度に応じ、クルマが自動で車高を調節する。位置情報に応じた車高設定機能もある。急な坂やスピードバンプ(車速を減速させるための隆起物)がある道路で車高を高く設定しておくと、クルマはその場所を把握する。搭載しているGPS(全地球測位システム)で位置情報を認識し、その場所を通過する時は設定した車高に変更する。

 ステアリングモード画面で、ハンドルの感度を選択できる。スポーツモードを選ぶと、レーシングカーのように機敏なハンドリングを味わえる。興味深いのは「クリープ」と呼ばれる機能で、ブレーキから足を離したときにするすると前に動くモードを設定できる。オートマチック自動車特有の動きで、電気自動車でこれをエミュレーションできる。

 つまり、Teslaの機能や特性は、ソフトウエアでいかようにも調整できる。iPhoneと同様、ソフトウエアがクルマの機能を決定する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

iPhoneTesla自動運転ソフトウエアクルマGoogleNvidia

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

VR体験のイメージ。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」を装着してプランを体感してもらう。VRの体験者が見ている映像は、打ち合わせの同席者もディスプレー上で確認することができる(資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

1億円超の邸宅建設 VRで「イメージギャップ」解消

「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VR(仮想現実)を活用する動きが活発になっている。設計事務所のフリーダムアーキテクツデザイン…続き (9/6)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • AIチップと5Gに重点、2018年度概算要求
  • 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状
  • EV化や自動運転は本当にメディアが騒ぐほど急激に進むのか?

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月21日付

2017年9月21日付

・データセクション、ツイッター投稿者の年代、性別を分析、番組制作に生かす
・太陽電池、光で劣化判別 東京農工大
・高速ひび割れ 色合いで示す 阪神高速
・明電舎、高効率パワコン開発 未稼働メガソーラー開拓
・製薬大手、AI活用で知見蓄積 アステラスやエーザイ…続き

[PR]

関連媒体サイト