/

この記事は会員限定です

OBが語る日銀の「姿」

[有料会員限定]

日銀OBは退職後も幅広い分野で活躍する。民主党の参議院議員、大塚耕平氏と、野村総合研究所の金融ITイノベーション研究部長、井上哲也氏に日銀マン時代の思い出話を聞いた。

日銀時代の経験・人脈が重要

大塚耕平氏(民主党参議院議員)

 1983年日銀入行。旧営業局(現在の金融市場局、金融機構局など)を中心に勤務。2000年、政策委員会室調査役を最後に日銀を退職。01年の参議院議員選挙で愛知県選挙区から出馬し初当選。民主党政権時には内閣府副大臣、厚生労働副大臣を務めた。現在3期目。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン