老いの棲家は狭き門
52.4万人 特養ホーム待機人数

2015/5/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 終の棲家(ついのすみか)を巡り、介護が必要な高齢者とその家族の前に大きな壁が立ちはだかっている。厚生労働省によると特別養護老人ホーム(特養)に入所できない高齢者の数は52万4000人(2013年度)に上り、前回調査の09年度から4年で約10万人増加した。社会問題となっている保育所の「待機児童」が約4.3万人(14年10月時点)と減少傾向にある中、「待機老人」という言葉も生まれ深刻な問題となってい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]