/

この記事は会員限定です

未来のクルマは能登から 自動運転が「地域の足」

地域から芽吹くイノベーション(1)

[有料会員限定]
北陸新幹線開業に沸く金沢市から車で約2時間半。能登半島の先端に位置する石川県珠洲市で、風変わりな自動車が走り回っている。屋根にはテーブルのような台が据え付けられ、その上にのった円筒がくるくると回転。運転手がハンドルを動かさないのに自動車は左右に曲がり、信号が赤になると停止する。世界が開発を競っている「自動運転車」を実際に公道で走らせる実験が始まっている。

過疎・高齢化で高いニーズ 「実践的な試験ができる」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2485文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません