2017年11月23日(木)

未来のクルマは能登から 自動運転が「地域の足」
地域から芽吹くイノベーション(1)

(1/2ページ)
2015/5/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 北陸新幹線開業に沸く金沢市から車で約2時間半。能登半島の先端に位置する石川県珠洲市で、風変わりな自動車が走り回っている。屋根にはテーブルのような台が据え付けられ、その上にのった円筒がくるくると回転。運転手がハンドルを動かさないのに自動車は左右に曲がり、信号が赤になると停止する。世界が開発を競っている「自動運転車」を実際に公道で走らせる実験が始まっている。

■過疎・高齢化で高いニーズ 「実践的な試験

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報