マネックス、市場が見直す「内憂外患」解消の糸口

2015/5/11 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場でマネックスグループが見直されている。4月30日に発表した2015年3月期連結純利益(国際会計基準)は前の期比66%減の34億円。利益ではインターネット証券大手で最も小さい5番手にもかかわらず、投資家の注目を集めているのは、同時に公表した新たな株主還元方針だけが理由ではない。マネックスが長年抱えていた「内憂外患」、米国の赤字と国内の高コスト体質の解消にメドがたち始めたという事情が影響して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]