歩行アシストカートの利用者を見守るIoT 富士通

2015/5/8付
保存
共有
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

富士通は2015年5月7日、IoT(モノのインターネット)と介護ロボットを融合するインフラシステムをRT.ワークスに提供すると発表した。RT.ワークスが開発した生活支援ロボット「歩行アシストカート」に富士通のIoTプラットフォームを組み合わせる。

歩行アシストカートはGPS(全地球測位システム)や6軸モーションセンサーなどを搭載する。今回のシステムでは、これらのセンサーが取得した歩行距離や歩行速度などの情報を、富士通エレクトロニクスが開発したネットワーク通信デバイスを使って数秒おきにIoTプラットフォームへ送信。IoTプラットフォームに蓄積された情報を分析することで、歩行アシストカート利用者の健康状態を把握できるようになる。

さらに、歩行アシストカートの傾きや転倒といった状態をリアルタイムに検知して利用者の異変を予測。アラートを通知することで、家族や介護施設関係者の見守りに活用できる。

利用者の情報や各種要望、トラブルなどの問い合わせは、富士通エフサスのサポートセンターが担当する。使用状況から歩行アシストカートのバッテリー状態や機器情報などを分析し、活動量の少ない利用者にカートの利用を促したりするほか、機器の計画的なメンテナンスや故障の予測などにも対応する。

なお、このIoTプラットフォームを活用した歩行アシストカートは、2015年5月14日~5月15日に東京国際フォーラムで開催される「富士通フォーラム2015」に出展される。

(スプール 近藤寿成)

[日経テクノロジーオンライン 2015年5月7日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]