/

この記事は会員限定です

LGBTへの接客、異性カップルと同様に

[有料会員限定]

「LGBT」と呼ばれる性的マイノリティーへの配慮を深める企業が少しずつ増えている。LGBTは国内人口の7.6%に上るとみられ、当事者の消費活動だけでも推計5.9兆円に達するという市場。先進企業の取り組みに共通するのは、LGBTを特別扱いするのではなく、一般の人ができることを当たり前にできるようにするというバリアフリーの発想だ。

国際標準、訪日客も意識

「これなんかいいんじゃない?」。4月中旬の週...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン