/

この記事は会員限定です

伊藤忠の岡藤社長「御三家から2強の一角に」

[有料会員限定]

伊藤忠商事が1日発表した2015年3月期の連結決算国際会計基準)は、純利益が前の期比23%増の3005億円だった。資源関連で950億円の減損損失を計上したが、食料、繊維など非資源分野の好調や、一過性利益の計上で補った。18年3月期を最終年度とする中期経営計画も発表。中国最大の国有複合企業、中国中信集団(CITIC)との提携などで純利益4000億円を目指す。配当を年60円に引き上げる方針も示した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン