/

この記事は会員限定です

「再生エネ比率3割超」EVの次を狙うテスラの野心

[有料会員限定]
 米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズが順調にEVの販売を伸ばしている。エネルギー事業の拡大を狙う「次の一手」として蓄電池販売にも本格参入を決めた。「今年中に本州を縦断できる充電環境を整える」「3年以内に蓄電池の価格を3割下げる」とシリコンバレーを代表する経営者、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は力を込める。4月30日には安倍晋三首相がシリコンバレーの同社を訪問し、EVに試乗した。その直前となる28日、日本市場を攻める戦略や未来のエネルギーのあり方について聞いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン