/

この記事は会員限定です

日の丸スパコンで命を救え 津波浸水を10分で予測

[有料会員限定]
 地震が発生したとき、津波の浸水被害を約10分で計算――。「私の家は大丈夫かな」。いざというとき、一刻も早く情報が入れば、迅速に避難することができ、命を救うことにつながる。日本が世界に誇るスーパーコンピューター(スパコン)技術を活用し、津波の犠牲者を減らそうと研究開発を進めているのが、東北大学と富士通研究所だ。このほど、到達時間や家屋の倒壊確率を地域を絞ってきめ細かく予測する実証実験に成功した。今後は地方自治体などと手を組み、災害に強い街づくりを3年以内にも実現する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン