Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シニアの夢 「戦艦大和」がバーチャルでよみがえる
ジャーナリスト 新 清士

(1/3ページ)
2015/4/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 太平洋戦争末期に沈んだ「戦艦大和」をバーチャルリアリティー(VR=仮想現実)で復元するプロジェクトが注目を集めている。3次元画像でできるだけ忠実に再現し、ヘッドマウントディスプレー(HMD)で仮想の艦内を自由に動き回れるようにする。2月にはクラウドファンディングで544万円の資金調達に成功し、シニア層が多数出資した。4月25~26日に幕張メッセ(千葉市)で開催された「ニコニコ超会議2015」で、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

海底で見つかった「戦艦武蔵」

広がるVRビジネス

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2017年7月には米オークリーと提携し、ZERO1の前面に取り付けて目を守る「EDGEシールド」を発表(写真:VICIS)

大学発「軟らかいヘルメット」 脳振とう問題に光明か

米国では近年、スポーツにおける「脳振とう」とそれに起因する障がいが社会問題となっている。この問題の渦中にいるのは、選手同士の激しいぶつかり合いが魅力でもあるアメリカンフットボールだ。…続き (9/25)

日立製作所の笠戸事業所で相鉄20000系を製造している様子(資料:相模鉄道)

相鉄・東急直通線向け新型車 10cm細いボディーに個性

 2022年度下期開業を目指して新線建設工事が進む「相鉄・東急直通線」。相模鉄道(相鉄)は、東急東横線・目黒線を経由して渋谷・目黒方面と直通するこのルートを走る新型車両「20000系」を公表した。車体…続き (9/22)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月26日(火)

  • Uber、ロンドンで営業免許更新されず―新CEOの対応は?
  • その爆弾処理ロボットは、仮想現実によって「その場にいる感覚」で操作できる
  • LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト