韓国首相、もう誰もなりたくない? 電子編集部次長 山口真典

(1/2ページ)
2015/4/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、次に指名する首相は何人目でしょうか?」――。答えは「6人目」だ。朴大統領は4月27日、李完九(イ・ワング)首相の辞表を受理した。就任から2年3カ月余りで任期折り返し手前にもかかわらず、首相に定着する人材が出てこない。そもそも大統領を補佐する首相の役割はわかりにくく、政権支持率の低迷も「首相の存在感の軽さ」が一因となっている。

■辞意表明の後、異例の10カ月留任

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]