アップルTVの対抗馬 ネクサスプレーヤーの実力
フリーライター 竹内 亮介

(1/4ページ)
2015/4/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

米グーグルのネクサスプレーヤーは、大画面液晶テレビなどにHDMIケーブルで接続して利用するネットワークメディアプレーヤーだ。搭載OS(基本ソフト)は「アンドロイドTV」。グーグルのコンテンツ配信サービス「グーグルプレイ」で購入した映画や音楽を視聴したり、ゲームをプレイしたりできる。

米グーグルの「ネクサスプレーヤー」

米グーグルの「ネクサスプレーヤー」

利用できる機能を並べると、OSに同じくグーグルの「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(スマホ)やタブレットの機能をコンパクトにまとめ、液晶テレビに画面出力するだけのデバイスに見える。しかしスマホやタブレットとは操作方法や表示機器が異なるなど違いは多い。以下では、ネクサスプレーヤーの基本機能と便利な活用法、そしてスマートデバイスとの違いをまとめて紹介する。

■薄型コンパクトな筐体、細長いリモコンで操作

ネクサスプレーヤーは、2月27日に大手家電量販店やソフトバンクショップ、グーグルストアなどで発売された。直販価格は1万2800円で、2015年12月31日までに購入すれば、グーグルプレイで利用できる2000円分のクーポン券が付属する。

テレビの下に置くとこんな感じになる。隣にあるのはiPhone5sだ。薄くてコンパクトなので置き場所には困らない

テレビの下に置くとこんな感じになる。隣にあるのはiPhone5sだ。薄くてコンパクトなので置き場所には困らない

外観は薄型の円柱形で、直径は12センチ、厚みは2センチ。非常にコンパクトで、薄型テレビや液晶ディスプレイの下にも気軽に置けるサイズだ。電源ケーブルとHDMIケーブルを接続する関係上、背面方向に若干のスペースは必要だが、液晶テレビが置けるテレビ台ならこの程度のスペースは十分確保できるだろう。

本体背面には、液晶テレビなどと接続するHDMI出力端子、付属のACアダプターを接続する電源ポート、USBメモリーや外付けハードディスクなどを接続できるマイクロUSB端子を装備する。家庭内ネットワークやインターネットとの接続は、内蔵する無線LAN機能経由で行う。そのためネクサスプレーヤーを利用するには、無線LANが利用できる環境でなければならない。

背面のインタフェースは、左から電源ポート、マイクロUSBポート、HDMI出力端子の3種類

背面のインタフェースは、左から電源ポート、マイクロUSBポート、HDMI出力端子の3種類

ネクサスプレーヤーのCPUは、クアッドコアで動作周波数が1.8ギガヘルツの「アトム」シリーズだ。メモリーは1ギガバイト、内蔵ストレージは8ギガバイトである。最新のスマートフォンやタブレットと比べるとストレージは少なめだが、後述するようにストレージにファイルをため込んで利用するデバイスではないので、大きな問題はない。メモリーも少ないが、操作の応答性は機敏で画面の切り替えはスムーズだった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]