2019年1月19日(土)

スペシャル

フォローする

中3コンビ「みうみま」初陣 世界卓球・複でメダルも

(1/3ページ)
2015/4/24 6:30
保存
共有
印刷
その他

卓球の世界選手権個人戦が26日、中国・蘇州で開幕する。男女代表14選手の平均年齢21.5歳とフレッシュな顔ぶれで臨む日本代表チームの中でも、とりわけ注目なのが女子で初出場を果たす平野美宇(みう、15)と伊藤美誠(みま、14)の中学3年生コンビだ。ダブルスを中心に既に数々のタイトルを獲得している「みうみま」。2020年東京五輪世代の2人が、一足早く世界を驚かすかもしれない。

「こんなに早く世界選手権に出られるとは思っていなかった」と平野美

「こんなに早く世界選手権に出られるとは思っていなかった」と平野美

福原愛の最年少記録を更新

「こんなに早く世界選手権に出られるとは思っていませんでした」と平野美は言う。2年前の今ごろは100位台だった世界ランキングは現在、伊藤が15位で平野美も36位。昨年は2人でペアを組んでワールドツアーでグランドファイナルを含む3勝を挙げた。シングルスでも徐々に実力を発揮するようになり、世界選手権では堂々2種目で代表に選出された。

毎年1月に開催される全日本選手権は近年、幼少期から卓球に打ち込んできた小学生たちが年上の学生や社会人をきりきり舞いさせるのが風物詩になっている。そんな黄金世代の先頭を走ってきたのが平野美と伊藤だ。

平野美は小学2年、8歳で出場した2009年にジュニア(高校2年以下)で初戦を突破。それまで福原愛が持っていた最年少勝利記録を一気に2歳も更新した。2年後の2011年は、10歳9カ月で早くも一般シングルスに挑戦。同じく10歳2カ月で大会に臨んだ伊藤とともにそろって白星を挙げ、またも福原らが持っていた最年少勝利記録(11歳)を更新した。平野美は翌12年にはジュニアで決勝まで勝ち進み、福原以来の小学生での準優勝を果たしている。

母親から手ほどきを受けて成長

平野美は3歳半のころに卓球を始めた。両親は筑波大の卓球部出身という卓球一家。山梨県の自宅で卓球教室を開いていた母・真理子さんの手ほどきを受けて成長してきた。「お母さんは生活面にはすごく厳しかったけど、卓球ではそれほど厳しく指導されたことはない」と平野美。小学校卒業後は親元を離れて単身上京。全寮制の中高一貫で将来の五輪選手を育てる日本オリンピック委員会(JOC)の「エリートアカデミー」に所属し、同年代の選手たちと一緒に卓球漬けの日々を送る。

伊藤は静岡県磐田市出身で、3歳になる少し前に卓球を始めている。こちらも最初の「先生」は母の美乃りさんだ。インターハイやインカレの出場経験もあった美乃りさんは当時も地元大会に毎週のように参加する「現役バリバリ」だった。自分がプレーするのが第一で、娘を卓球選手にしたいとは全く思っていなかったという。だが、「本人がやってみたいと言い出した日にラケットを買って、すぐ公民館に行って練習をさせてみたんです。どんなものかなと思ったのですが、練習を一目見て自分は辞めて娘の指導に専念しようと思いました」と振り返る。それだけセンスが感じられたのだという。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
錦織は対戦相手について「想像よりも強かった。ほぼ負けていた」=共同共同

 テニスの全豪オープン第2日は15日、メルボルンで行われ、男子シングルス1回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)は予選を勝ち上がった世界ランキング176位のカミル・マイクシャク(ポーランド)と対戦し、3 …続き (1/15)

マリーは11日の記者会見で、涙ぐみながらけがの状態について語った=APAP

 テニスの四大大会第1戦、全豪オープン開幕が3日後に迫った11日、メルボルンの会場に衝撃が走った。元世界ランキング1位のアンディ・マリー(31、英国)が長引く臀部(でんぶ)の痛みを理由に引退を示唆した …続き (1/14)

ゴンザガ大は12月5日、ワシントン大戦を八村の決勝シュートでものにした=USA TODAYUSA TODAY

 米ハワイ州マウイ島での奇跡から2週間後、バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大があるワシントン州スポケーンを訪れた。 …続き (1/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]