/

この記事は会員限定です

米州Frontline 「首脳会談に失敗なし」の死角 日米、歴史認識で溝

ワシントン支局 吉野直也

[有料会員限定]

安倍晋三首相とオバマ米大統領は28日、ホワイトハウスで会談する。「首脳会談に失敗なし」と言われるように戦後70年に際した今回の日米首脳会談も安全保障や経済で同盟強化を演出するシナリオだ。両首脳が鋭く対立する場面はなく、たとえあったとしても表には出ない――。すでに「成功」が確定しているように映る今回の会談に死角はないのか。

「近隣諸国との関係改善に向けた日本の努力の中で重要な位置を占めている」。米国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン