/

この記事は会員限定です

VW対トヨタ、「ウサギとカメ」の勝負の分かれ目

ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

[有料会員限定]

「3年間のゼロ新工場」を掲げてきたトヨタ自動車が沈黙を破り、メキシコの新工場と中国の新ライン増設を正式発表しました。持続的成長のための真の競争力とは何かと考え続けてきたトヨタの回答です。しかし、独フォルクスワーゲン(VW)は生産能力を急ピッチで増強中。世界トップが2015年以降に入れ替わることはほぼ確実な情勢になっています。トヨタはVWを再び捉え、抜き返せるでしょうか。両社で現在進行中のクルマづく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン