/

この記事は会員限定です

レモンジーナ品切れ騒動にみるヒット商品のワナ

アジャイルメディア・ネットワーク 徳力 基彦

[有料会員限定]

4月に入り、サントリー食品インターナショナルの飲料商品「レモンジーナ」と「ヨーグリーナ」が発売直後に立て続けに品切れとなり、大きな話題となった。同社は、両飲料を安定的に供給できないという理由から出荷停止を決断した。その一方で、"大量の商品が陳列されている店がある"という消費者の書き込みがソーシャルメディア上で拡散、メーカー側の発表と異なるため「品切れ商法ではないのか」という批判が巻き起こった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン