2019年8月23日(金)

八百長騒動から土俵復帰 大相撲・蒼国来(上)

(2/2ページ)
2015/4/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

「今だから言えますが、判決が出る前から裁判長が『稽古を再開したら』という感じで言ってましたね」

理事長の謝罪「心に響く言葉だった」

13年3月25日、東京地裁は「解雇無効」の判決を出した。相撲協会も4月3日に臨時理事会を開き、控訴を断念した。放駒理事長の定年の後を受けた北の湖理事長が謝罪した。「私(師匠)と蒼国来と弁護士に頭を下げて『この2年間、力士として一番大事な時期をこんなつらい思いをさせて本当に申し訳なかった』と言ってくれました」。蒼国来にとってもそれは「心に響く言葉だった」という。

「正直、最近まで八百長問題は一切しゃべらなかった。思い出したくないほど心がささくれました。一生忘れないと思う。でもみんなが応援してくれたおかげです。一人だったら国へ帰っていたはずです」。感謝の気持ちが新たな意欲を生んでいる。

(敬称略)

〔日本経済新聞夕刊4月20日掲載〕

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

コラム「駆ける魂」

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。