/

脱・百貨店 六本木の「ミニ新宿伊勢丹」はネタの宝庫

日経トレンディネット

2015年4月3日、東京ミッドタウンに、"ファッションの伊勢丹"を象徴する伊勢丹新宿本店を凝縮した新業態のセレクトストア「イセタンサローネ」がオープンした。同店のコンセプトは「商品とアートの融合」。日本的な美意識を重視した実験的な空間設計となっているのが大きなウリだという。いったいどんなショップなのか。

東京ミッドタウンのほぼ中央に位置するガレリアの、外苑東通りに面したフロアにオープンしたイセタンサローネ

内装デザインはネタが満載

イセタンサローネは1階と2階の2層からなり、1階ではオリジナルのウエアや雑貨、ハンドバッグ、宝飾、時計など、2階では婦人服、婦人靴、コスメ、フレグランス、服飾雑貨などを取り扱っている。

イセタンサローネ1階ではオリジナルのウエアや雑貨、ハンドバッグ、宝飾、時計を扱う
2階では婦人服、婦人靴、コスメ、フレグランス、服飾雑貨などを扱い、よりモード色が強い印象

注目は、その内装デザイン。写真家・現代美術家としても有名な杉本博司氏、建築家の榊田倫之氏が、このプロジェクトのために新素材研究所を設立して設計を担当した。

屋久杉や十和田石、敷瓦といった日本の伝統的素材を用い、さまざまな実験的手法を取り入れて空間を作り上げた。女性が美しく見えるよう、自然光をふんだんに取り込んだ光環境を重視し、職人の技術が必要なディテールにもこだわったという。

1階フロア内面の扉には日本初の世界自然遺産に登録された屋久杉を使用。屋久杉は現在では伐採が禁止されているため、明治・大正時代に伐採された丸太を購入し、製材して使用している。なかでも1階の扉は木目の精緻な特上品だという
1階の壁は有次の打ち出し鍋の技法を用いた仕上げで、人の手でたたいた跡がぬくもりのある美しさを感じさせる。世界初の素材だという
マネキンの足元や宝飾品のガラスケースの枠などの金属は、安土桃山時代の襖の引き手などに使用されていた「仙徳仕上げ」という技法が用いられている
ガウディの建築の一部を模した階段。その奥にはイメージの元となった杉本博司氏撮影の写真が飾られたミニギャラリースペースがある。写真の階段と比較して見るのも一興
2階の床の素材は東大寺の瓦を焼いている工房に依頼。天平時代の甍と同様に低温の窯で焼き上げた柔らかい質感が特徴で、天平の甍の上を歩いている気分が味わえるという
2階の化粧品売り場は窓際に置き、障子越しのような柔らかい光が回って女性が美しく見えるように設計されている

まるで"建築実験室"のような凝りに凝った空間だが、気になったのは百貨店にしては商品構成が偏っていて、メンズアイテムやリビング雑貨などが見当たらないこと。約900平方メートルという売り場面積ではある程度、商品を絞らざるを得なかったのだろう。

三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長によると、同ショップは「ファッションの伊勢丹」を象徴する要素だけを取り出して凝縮した商品構成で、伊勢丹本館3階のモードフロアに近いブランドセレクトとのこと。

2015年2月に発表されたばかりの「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」と「HYKE(ハイク)」のコラボレーションライン「adidas Originals by HYKE」のコーナーも
イセタンサローネのために開発されたオリジナルブランド〈T.G.I.F. READY FOR THE WEEKEND〉
空間デザインを担当した、写真家・現代美術家の杉本博司氏。日本の伝統的素材を用いて、職人の技術が必要なディテールにこだわり、空間を構成したという

狙いは港区在住の高感度層

では、なぜ"とがった商品"をそろえたショップを六本木に出店したのか。実は伊勢丹新宿店の来店客属性を調査したところ、港区民が意外に少ないことが分かったという。「港区は自分のライフスタイルを持っている高感度層が多く、本来であれば伊勢丹のコンセプトに共感してもらえるはずの層。伊勢丹の美意識を凝縮した空間デザインと、旬の流行を取り入れたとがった商品構成で、感度の高いの顧客と接点を持つ拠点にしたい」(大西社長)と言う。

何でもそろっているのが百貨店としての本来の姿だが、今やネットで何でも手に入る時代。百貨店の存在意義も薄れてきている。イセタンサローネは、そうした時代に生き残るための「脱・百貨店スタイル」の表れなのかもしれない。

(ライター 桑原恵美子)

[日経トレンディネット 2015年4月9日付の記事を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン