トップ > 特集 > 新着 > 記事

大阪都構想、賛否なお拮抗 府・市議選引き分け
維新第1党維持、自民も伸びる

2015/4/13 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

12日に投開票された統一地方選の前半戦。午後8時の投票終了と同時に各地の首長選で現職の当選が決まる冷めた展開の中、全国でも異例に熱い選挙戦が繰り広げられて注目を集めたのが、「大阪都構想」の住民投票の前哨戦となった大阪府議選と大阪市議選だ。

結果は、都構想を推進する大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)が両議会とも第1党の座を維持した一方、都構想反対を強く訴えた自民党も改選前より議席数を伸ばした。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]