燃料電池車「ミライ」解剖、25年にクラウンHV並み価格へ

(1/4ページ)
2015/4/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 トヨタ自動車が2014年12月に発売した、業界初の量産型燃料電池車(FCV)「ミライ」の詳細が明らかになってきた。大幅な低コスト化を実現するために、既存部品の徹底した流用に加えて、部品の小型・軽量化、発電効率の向上への取り組みが随所にみられる。2025年には、ハイブリッド車(HV)並みに価格を引き下げるという目標に突き進む。

トヨタ自動車のFCV「MIRAI(ミライ)」(図1)。水素と空気中の酸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]