2019年9月16日(月)

鮮烈デビューの西武・森、主戦捕手へ高きハードル
スポーツライター 浜田昭八

(1/2ページ)
2015/4/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

鮮烈なプロ球界への登場だった。西武ドラフト1位新人の森友哉は、昨年8月14日のオリックス戦、同15、16日の日本ハム戦で3試合連続ホーマーを放った。高卒新人でプロ1号から3試合連発を記録したのは、46年ぶりと話題になった。

しかも、1号は左翼へ、2号は右翼へ、3号は中堅バックスクリーンへと、見事に打ち分けたものだった。さらに、1、3号は代打での快打。小柄だがパンチ力があり、たくましい勝負度胸も備えている。「これはただ者ではない」と周囲は改めて森の力を見直した。そして、1980年代から90年代にわたる西武黄金期の本塁を守り続けた伊東勤(現ロッテ監督)のような捕手に育つのではないかと、大きな期待を寄せられた。

7月末からの1軍登場だったので、1年目の出場は41試合だった。それで打率2割7分5厘、6ホーマー、15打点の打撃成績は合格といっていいだろう。3連発の顔見せが強烈なインパクトを与えただけに、他球団もこの恐るべき新人を十分に警戒するようになった。森も「甘い球が来なくなった」と感じ始めた。

課題は変化球打ちと左腕対策

課題は変化球打ちと左腕対策だった。速球にはなんとか食らいついたものの、落ちる変化球に苦しむことが多くなった。打率3割6厘をマークした右投手とは対照的に、左腕には1割6分7厘しか残せなかった。左打者の森にとって、背中の方から内角へ入ってくる左腕の変化球が、最も厄介なものだった。

打撃はまだしも、捕手としてプロのレベルに達していないとみられたのは残念なことだった。肩には自信があるが、ワンバウンドする落ちる変化球の捕球に悩まされた。それ以上に首脳陣に不満に思われたのは、単調なリードだった。

大阪桐蔭高の捕手だったときは藤浪晋太郎(現阪神)の速球を主体に、攻める配球をすればよかった。1学年上、長身の藤浪を見上げるようにした小柄な森が「速球で内角をどんどん突こう」とハッパをかける姿はユーモラスでもあり、頼もしくもあった。だが、プロにはさまざまなタイプの投手がいる。菊池雄星のように速球で攻めまくる投手は、森の強気のリードと相性がよかった。

だが、大きなカーブなど多彩な変化球を駆使する岸孝之や、球を散らして相手を惑わせる下手投げの牧田和久らは、森の強気一辺倒のリードに困惑した。そんなところから森の捕手としての出番はなかなか増えなかった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。