/

この記事は会員限定です

調整進む日本のCO2削減目標、電源構成から探る

(編集委員 滝順一)

[有料会員限定]
 2030年の電源構成(エネルギーミックス)を選択する経済産業省の有識者会合の議論がヤマ場に近づいている。また同年の二酸化炭素(CO2)をはじめとする温暖化ガスの削減目標に関し、日本エネルギー経済研究所など複数の研究機関が試算を公表している。電源構成と温暖化ガス排出量は表裏一体の関係にあり、議論と試算を結びつけると、日本の削減目標が浮かび上がる。

 経産省の総合資源エネルギー調査会・長期エネルギー需...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン