ITトレンド(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

進化するクルマの「目」、“透視”技術で子供救え

(1/2ページ)
2015/4/9 6:30
共有
保存
印刷
その他

 自動車に搭載するカメラ「車載カメラ」の市場が拡大している。駐車の際に車両後部を確認する用途だけでなく、走行中の安全確保や、車載ディスプレーの入力用途に使う動きも広がる。将来の大市場として期待される「自動運転車」につながる技術として、車載機メーカーの技術開発はさらに活発化しそうだ。

小さい子供や三輪車などが、運転席から死角になる場合がある
画像の拡大

小さい子供や三輪車などが、運転席から死角になる場合がある

 「いずれは1台のクルマに10台以上のカメラが搭載されるかもしれない」。自動車用カメラで使うCMOSセンサー大手の米オムニビジョン。日本支社の薄井明英支社長は見通しを示す。自動車の安心・安全用途などで、車載機器メーカーから多数の発注が舞い込んでいる。CMOSセンサーの需要が高まり、増産を検討中だ。

■指を触れずモニター操作

 車載ディスプレーへの入力用途にもカメラが使われる。2015年1月に米ラスベガスで開かれた家電見本市「CES」では、独メルセデス・ベンツと韓国現代自動車が、カメラを使って指を触れずに車載機の画面を操作する試作システムを出展した。ベンチャーであるリープモーションが開発したジェスチャー入力技術を使い、カメラで手の動きを計測し画面制御に用いる。「指を触れずに操作する様が、近未来のスマートカーを象徴するようだった」(ある自動車業界の関係者)と、来場者は興奮気味に話す。

指を触れずに、車載機のディスプレーを操作する様子。米リープモーションの技術を活用する
画像の拡大

指を触れずに、車載機のディスプレーを操作する様子。米リープモーションの技術を活用する

 「クルマの目」とも呼ばれる、自動車へのカメラ搭載が進みそうだ。富士キメラ総研によれば、車載カメラのモジュール(複合部品)の世界市場は、25年に3609億円と、13年比で5.1倍に拡大すると予測する。特に、従来、カーナビゲーションシステム(カーナビ)などを開発していた車載機メーカーが活発に取り組んでいる。スマートフォン(スマホ)による経路ナビのアプリ(応用ソフト)の利用が広がり、市販カーナビの販売は厳しい局面にある。車載機の独自性を出す狙いで、カメラと組み合わせた安心・安全機能を組み込むことを各社は目指しているのだ。

 「当初の計画以上の受注が入っている」。富士通テン(神戸市)でカメラを用いた周辺監視システムの技術開発を統括する山下善嗣チームリーダーは、新開発のシステムに期待を寄せる。クルマを発進させる前に、周囲に障害物や子供がいないかなど、安全確認をしやすい車載カメラのシステムを開発した。

 運転席から車体を透かし見るような、ドライバー視線の映像表示ができる技術を用い、車体側面など死角になりやすい場所をきちんとチェックできる。既に、トヨタ自動車が15年1月に発表した新型「アルファード」と「ヴェルファイア」に、「シースルービュー」機能として用意されている。

 開発したのは、10年に富士通研究所と共同開発した「マルチアングルビジョン」に付加する新機能だ。マルチアングルビジョンは、車両の前後および左右ドアミラーの4カ所に取り付けたカメラで撮影した映像を合成して表示する技術。車両周囲360度の立体的映像と、3次元コンピューターグラフィックスで描画した車両の画像を組み合わせて、カーナビの画面に表示する。これまでにトヨタ自動車の販売店装着オプションである「マルチアングル全周囲モニター」や、「パノラミックビューモニター」として採用実績がある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ITトレンド(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

VRフェスタには人気漫画「暗殺教室」のVRゲームなどが出展された(東京都千代田区)

人気漫画をゲーム化 出版社がVRコンテンツに活路 [有料会員限定]

 出版社が仮想現実(VR)を活用したコンテンツ作成に注力している。人気漫画をテーマにしたVRゲームやVRアイドルなどが登場。集英社と小学館は9月上旬、VRコンテンツの体験会「VRフェスタ」を東京都内で…続き (9/21)

コーヒーの種類や濃さを音声で指定できる独ボッシュのコーヒーメーカー

「濃いめのコーヒーお願い」音声操作家電が多彩に [有料会員限定]

 音声で操作できる家電が増えている。「部屋を少し暖かくして」「カプチーノをいれて」などと話しかければ、指示通りに動いてくれる。人工知能(AI)の進化で、想像していた暮らしが現実になろうとしている。一方…続き (9/14)

有名大学の近くの就活応援カフェにVR機器を設置する(写真は慶応大学そばの「知るカフェ」)

有名大学近くに就活VRカフェ、遠方企業の魅力紹介 [有料会員限定]

 就職活動と仮想現実(VR)。関係がなさそうな両者を組み合わせる試みが今秋に始まる。東京大学や慶応義塾大学といった全国16の有名大学のそばにある、キャリア支援のための学生向けカフェが舞台だ。エンターテ…続き (9/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)
  • Lastpassから1Passwordへ乗り換える方法
  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月25日付

2017年9月25日付

・火災、IoTで遠隔通知、岩崎通信機など
・「勝ちには力、負けには夢」 ロボコンの父、森東工大名誉教授に聞く
・心筋細胞で動く微小装置 阪大、拍動に合わせ屈曲
・クラボウ、高速で欠陥品判別 飲料ペットボトルの画像診断装置開発
・テルモ、米国でカテーテルの開発体制整備 拠点統合や研修施設
…続き

[PR]

関連媒体サイト