2017年11月22日(水)

28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす

(1/3ページ)
2015/4/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 光の技術で世界の水不足を解決する――。日本企業が光を当てるだけで水をきれいにする技術開発にまい進している。従来の膜や塩素を使う方法に比べ大規模な設備が不要になるなど、手軽に利用できるのが強みだ。早ければ世界に先駆けて2018年度にも実用化する見通し。水の浄化ビジネスを席巻する日は近いかもしれない。

■有害物質含む水、数分で「飲める水」に

 201X年。赤道直下にある新興国のある村は深刻な水不足に見舞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

パナソニック光触媒本多健一日本総合研究所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報