再興JAPAN

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす

(1/3ページ)
2015/4/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 光の技術で世界の水不足を解決する――。日本企業が光を当てるだけで水をきれいにする技術開発にまい進している。従来の膜や塩素を使う方法に比べ大規模な設備が不要になるなど、手軽に利用できるのが強みだ。早ければ世界に先駆けて2018年度にも実用化する見通し。水の浄化ビジネスを席巻する日は近いかもしれない。

■有害物質含む水、数分で「飲める水」に

 201X年。赤道直下にある新興国のある村は深刻な水不足に見舞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

パナソニック光触媒本多健一日本総合研究所

【PR】

再興JAPAN 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

できたて和食をそのまま世界に 冷凍技術に革命 [有料会員限定]

 世界中のスーパーやレストランで、日本の一流料理店の味を楽しめる――。低コストで味を落とさずに冷凍できる日本発の独自技術が、食の常識をひっくり返そうとしている。プリンなど冷凍に向かなかった食品も冷凍で…続き (2015/12/1)

サングレイスのトマト農場では生産量が約10%アップした

日本が先導 「魔法の泡」で起こす農業再生 [有料会員限定]

 「バブル」が日本の技術を進化させる──。バブルとは約25年前に崩壊したあのバブル経済のことではない。その正体は目に見えないくらい小さな微細気泡だ。これを水に溶け込ませると農作物の生産が飛躍的に高まる…続き (2015/10/9)

日本道路の道路工事用マット型「発電床」

日本発「どこでも発電」 変えるネットの近未来 [有料会員限定]

 身の回りにあるエネルギーを電力に変える――。振動や音、温度差といった小さなエネルギーで、どこでも電力を生み出せる技術開発に日本企業がまい進している。お家芸である家電の省エネ技術などを活用。新エネルギ…続き (2015/8/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月24日(日)

  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く
  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月25日付

2017年9月25日付

・火災、IoTで遠隔通知、岩崎通信機など
・「勝ちには力、負けには夢」 ロボコンの父、森東工大名誉教授に聞く
・心筋細胞で動く微小装置 阪大、拍動に合わせ屈曲
・クラボウ、高速で欠陥品判別 飲料ペットボトルの画像診断装置開発
・テルモ、米国でカテーテルの開発体制整備 拠点統合や研修施設
…続き

[PR]

関連媒体サイト