/

2014年の米国モバイル特許の獲得、トップはIBM

ITpro

米Chetan Sharma Consultingが現地時間2015年4月2日までに公開したモバイル特許に関する調査結果によると、2014年にモバイル関連の米国特許を最も獲得した企業は米IBMだった。韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は僅差で2位に甘んじた。

3位は米Qualcomm(クアルコム)、4位は米Microsoft(マイクロソフト)、5位は米Google(グーグル)となった。Qualcommは過去最も高い順位となり、Googleは初めて上位5社に仲間入りした。また米Apple(アップル)が8位となり、初のトップ10入りを果たした。

米特許商標局(USPTO)が2014年に発行した特許件数のうち4分の1以上をモバイル関連が占めた。2014年のモバイル特許件数は前年と比べ17%増加し、過去10年間で440%伸びているという。

一方、欧州特許庁(EPO)が2014年に発行した特許件数のうち、モバイル関連が占める割合は9%だった。欧州における2014年のモバイル特許件数は前年を4%下回り、過去10年間では71%増と、米国の伸び率と比べ大きな開きがある。

[ITpro 2015年4月6日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン