2019年2月19日(火)
スポーツ > Go20 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

「平成の三四郎」2世、偉大な父の背を追い頂点へ
柔道・古賀颯人

(1/3ページ)
2015/4/4 7:00
共有
印刷
その他

畳の上に立つと、切れ長の目が鋭く光る。古賀颯人(17、愛知・大成高)は「柔道ニッポン」の復権を担う期待の若手の一人だ。父は「平成の三四郎」といわれ、1992年バルセロナ五輪で金メダルを獲得した古賀稔彦氏。偉大な父の背中を追って、2020年東京五輪での金メダルを夢見ている。

強豪校で鍛錬、内股が最大の武器

父と同じ五輪金メダルを目指す

父と同じ五輪金メダルを目指す

柔道の強豪校で知られる大成高を訪ねると、柔道場で古賀が技の打ち込み練習をしていた。「シュッ、シュッ」。技を掛ける足と畳の擦れ合う音がする。切れ味の鋭い内股が17歳の最大の武器だ。

古賀が柔道を始めたのは幼稚園のころ。「強くなろうという意識はなく、親が柔道をしていたので遊び感覚でやっていたら、いつの間にか試合にも出られるようになっていた」と振り返る。

「柔道って頑張ったら、頑張った分だけ結果に出る。そこが楽しい。そして体が大きければ、勝てるというわけでもない。小さな選手が大きな選手を投げ飛ばすと、見ている方も気持ちいい」

そんな柔道の魅力にとりつかれた古賀は、父の指導を受けてめきめきと上達。09年には全国小学生学年別大会の6年生の部50キロ級で優勝した。父の現役時代の代名詞といえば一本背負い。だが、「それを無理やりに教えられることはなく、自分の体に合った技を丁寧に教えてくれた。だから教えてもらうことが楽しかったし、どんどん吸収できた」という。

ケガに打ち勝ち頂点の父を尊敬

そんな父との思い出は、小学校高学年のときにほぼ毎朝一緒に走っていたこと。「家から2~3キロ離れたところまで走って、そこにあった200~300段の階段を10往復、それからまた2~3キロ走って家に帰っていた」。稔彦氏も幼少の頃、近くの神社の階段を何往復もしていたのは有名な話。強じんな足腰は、親子2代にわたって同様の方法で鍛えられた。

父が金メダルをとったときのことは、生まれる前のことなので知るよしもない。だが、柔道を知るにつれ、父の偉大さが分かってきた。「ビデオとかを見ると、一本背負いだけではなく、ほかの技のキレもすごい。映像を見ながら、どういうふうにやったらいいのか研究している」。そして、何よりも感銘を受けたのは左膝のケガに苦しみながらも五輪の舞台で頂点に立ったこと。「普通なら負けても仕方ないと思ってしまうが、心が折れずに体の大きな選手にも真っ向から立ち向かっていった。痛かったとは思うが、そんなそぶりをまったく見せなかった。ものすごいメンタルを持っているんだなと感じた」と語る。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

コラム「東京五輪のホープ」

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
小4で初出場した全日本選手権の女子シングルスで2勝、女子ジュニアでは3勝を挙げた張本美和

 水谷隼(木下グループ)のシングルス10回目の優勝や伊藤美誠(スターツ)の2年連続3冠という記録ずくめの大会となった卓球の全日本選手権で、小中学生3人の活躍も目立った。共通点はどの選手も保護者が卓球経 …続き (1/30)

北島康介杯のリレーに参加し、笑顔を見せる大会委員長の北島さん(2018年11月、東京都江東区)

 2014年から東京都水泳協会の理事(18年に副会長)を務め、15年に「KOSUKE KITAJIMA CUP(北島康介杯)」がスタート。運営の一端を自社で請け負い、大会公式キャラクターは「くまモン」 …続き (1/11)

2011年にスイミングスクール「KITAJIMA AQUATICS」を開設した=IMPRINT提供IMPRINT提供

 2011年、「KITAJIMAQUATICS」というスイミングスクールを選手時代の同級生らと始めた。当初はマスターズ、子供向けだったが、フィンスイミング、ライフセービングとコースは増え、海外からの合 …続き (1/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]