社長は女子高生 「父娘で企業経営」の新しい形
デジタルネーティブの未来(下)

(1/3ページ)
2015/4/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 ネット機器に囲まれて育った若者=デジタルネーティブへの取材を通じ、ネットの未来を探るシリーズ。3回目は中学3年生で起業し、今なお現役女子高生で社長を務める椎木里佳(17)さんを通じ、ネットが起業のあり方をどう変えたのかを分析する。(以下敬称略)

■クリスマスに宣言、バレンタインデーに設立

「あす、会社をつくりたいんだけど」

2012年12月25日。当時中学3年生だった椎木里佳は都内の自宅のダイニン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ファミリービジネスはいま

「ネット20年」その先へ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]