大使会議に閣僚集めた岸外相の存在感  60年安保への序曲(13)
特別編集委員・伊奈久喜

(1/2ページ)
2015/3/28 7:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1957年1月24日午前10時から外務省でアジア・太平洋公館長会議を開いた。公館長とは大使や総領事のことであり、17人の公館長が出席した。この、いわゆる大使会議が異例だったのは、岸信介外相だけでなく、水田三喜男通産、宮沢胤勇運輸、南條徳男建設、井出一太郎農林、宇田耕一経済企画庁長官ら閣僚が初めて出席した点である。

■3項目の岸外交指針

岸は副総理ではなかったが、自民党総裁選の第1回投票で1位になっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]