スペシャル

フォローする

夢の甲子園で堂々ジャッジ スリランカ人、二塁塁審に
「野球を通じアジア結ぶ」

2015/3/24 15:23
保存
共有
印刷
その他

21日に開幕した選抜高校野球で外国人審判が登場した。23日の仙台育英(宮城)―神村学園(鹿児島)で二塁塁審を務めたのがスリランカ出身のスジーワ・ウィジャヤナーヤカさん(31)。「スコアボードに名前が出ていて涙が出るくらいうれしかった。今日は忘れられない日」。念願の甲子園デビューを果たして感無量の面持ちだった。

憧れの聖地で、きびきびとした動作や冷静なジャッジを繰り返した。「選手とともに私も胸を張って一生懸命できた」。見せ場がやってきたのは三回裏2死一、三塁。神村学園が仕掛けた二盗で堂々とアウトをコールした。「自信があったし、よく見えていた」。際どいタイミングだったが判定に迷いはなかった。

高校時代に母国で野球を始め、2006年に立命館アジア太平洋大学に留学。選手としての道を断念して本格的に審判を志した。「ルールを勉強することで母国のレベルアップにもつながると考えた」

5年前に選抜大会を観戦して感銘を受け、甲子園で審判員を務めることが目標に。都市対抗野球などで実績を積み、今回、所属する福岡県高校野球連盟の推薦を受けて派遣された。審判に関する記録はないが、外国出身者が務めるのは珍しい。スジーワさんは「ほかの外国人にも夢を与えることができた」とさらに外国人審判が続いてくれることも期待する。

クリケットがさかんなスリランカに野球道具を届けて野球の普及に努めるなど国際交流にも貢献してきたスジーワさん。「今日は大きなスタート。野球を通じてアジアや世界を結ぶ力になりたい」。甲子園で得た大きな経験を糧に、新たな夢を追う。

(渡辺岳史)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
2018年夏の全国高校野球選手権大会決勝戦で力投する金足農の吉田輝星=共同共同

 昨年12月下旬、新潟県高校野球連盟が2019年の春季県大会限定ながら、1人の投手が1試合で投げられる球数を100球に制限すると発表した。これに対して日本高校野球連盟は、否定的とされる。2月20日の理 …続き (2/4)

中谷さんは「意図と根拠のある、納得できる1球を」と説く

 ドラフト1位で阪神に入団し、楽天、巨人でも捕手としてプレーした元プロ野球選手の中谷仁さん(38)が今年4月、母校である智弁和歌山高野球部の専任コーチに就任した。自身が主将を務めて甲子園で優勝した19 …続き (2017/6/24)

浮田監督は米マイナーリーグなどでプレーし、球団での通訳やイチローらを取材した経験を持つ(浮田監督提供)

 いったいどんな野球をするのか。
 夏の全国高校野球選手権岡山大会の1回戦を突破し、16日に優勝候補の創志学園との2回戦に臨む岡山県立津山高校野球部の浮田圭一郎監督の采配が、興味深い。
 浮田監督は日本の …続き (2016/7/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]