/

この記事は会員限定です

恐るべき英才、一転市場を去る 内海喜一氏

市場経済研究所代表 鍋島高明

[有料会員限定]

内海喜一が米相場の街、日本橋蛎殻町で存在感をアピールするのは明治38年(1905年)のことだ。この年松沢与七、松村辰次郎の買い占め連合軍が米の現物15万石(1石=150キロ)を引き取り、その処分に窮したことがある。内海が兄たちと立ち上げた丸三精米は創業以来、苦戦続きだったが、この時内海はチャンス到来とばかり、変質の恐れがある米6万石を1石当たり3円15銭という安値で引き取り、なんと同12円50銭で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1621文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン