/

ハリルJ、大きな代表名簿が示す「競争開始」の号砲

サッカージャーナリスト 大住良之

「災いを転じて福となす」ということわざがある。昨年12月からハビエル・アギーレ前監督の八百長疑惑問題で大揺れだったサッカー日本代表。2月3日に前監督との契約解除にこぎつけ、ようやく3月13日に契約に至った新監督は、このところ沈みかけている日本サッカーを大きく浮上させる力になるかもしれない。

バックアップメンバー含め43人

19日、バヒド・ハリルホジッチ監督は23日に始まる代表活動に招集したメンバーを発表。通常は23人程度のところ、31人もの選手を呼び、さらに「バックアップメンバー」と名づけた12人もの「候補選手名」も明らかにした。

13日に来日して以来、ハリルホジッチ監督が実際にスタジアムに足を運んで見たのは2試合。14日に行われたJリーグ第2節のFC東京―横浜M戦と、18日のナビスコ杯第1節、川崎―名古屋戦だ。しかしその他の試合の多くをVTRでチェック、この日の発表となった。

「本来ならもっと時間をかけて選ぶべきだが、今回はいろいろな人の話も聞き、情報を集めて選んだ」と本人が語るように、今後Jリーグを中心に視察を繰り返していけば、さらに新たな発見もあるだろう。

それにしても、バックアップを含めて43人は、これまでになく大きな名簿だ。

「グループは大きい。日本代表の扉は全選手にいつでも開かれている。所属クラブで良いプレーを続けていれば呼ばれるということ。いつ呼ばれてもいいように準備しておいてほしい。ここから競争が始まるんだ」。国内外でプレーする日本の全サッカー選手への明確なメッセージだ。

「昨年のワールドカップの試合、そしてアジアカップの試合などを見て、日本代表にはポジティブな面とネガティブな面があると感じた」と、ハリルホジッチ氏は語る。「こうすれば良くなる。勝てる」というところが、彼にはすでに見えているようだ。

メンバーの固定化、活力そぐ

ネガティブな面の一つは、明らかな「競争不足」だ。ザッケローニ監督時代の半ばすぎからチームは固定化の傾向があった。選手を深く信じるのがザッケローニ氏の良いところだったのだが、調子の落ちた選手、所属クラブで出番の少ない選手の調子を取り戻させるために長時間使うこともあり、固定化、チームの活力のなさにつながったのは否めない。

一方、アギーレ前監督は、最初は大胆な入れ替えをしたが、アジアカップでは完全な固定メンバーとなって控え選手のモチベーションを落とした。約2年間にわたる「よどみ」を、ハリルホジッチ氏は「43人の名簿」で一気に吹き飛ばしそうだ。

「前もって決まっているベストメンバー(レギュラー)はいない」と、ハリルホジッチ氏は話す。そして、選ぶのはそのときに所属クラブでベストパフォーマンスをみせている選手であると断言する。そのために「できるだけ多くの試合を見る」という。もしかしたら、ことし中に70~80人という選手が呼ばれるかもしれない。

勝つために用意した2つのシステム

もう一つは、プレーすることに集中するあまり、「勝つ」ということが「ないがしろ」になっていたというのは言い過ぎかもしれないが、「ぼやけて」しまっていたのではないかという点だ。

だからハリルホジッチ氏は「勝つ」ことを強調する。メンバー発表に先だって、27日のチュニジア戦(大分県)と31日のウズベキスタン戦(東京都)の2試合を「勝つためにプレーする」と宣言した。そして、この2試合を通じて「日本代表がどういった方向性にあるのか、みなさんに見てもらいたい」と自信の表情を浮かべた。

勝つための施策の一つとして、ハリルホジッチ氏は2つのシステムを用意し、23日に始まるトレーニングの中で準備するという。

システムチェンジのカギは中盤にあるようだ。

今回、MFには7人が選ばれた。今野泰幸(G大阪)、長谷部誠(フランクフルト)、青山敏弘(広島)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(ハノーファー)、山口蛍(C大阪)、そして柴崎岳(鹿島)だ。このうち今野は故障で今季まだ出場がなく、今回の親善試合では出場は無理だが、DFの長友佑都(インテル・ミラノ)、内田篤人(シャルケ)とともに特別に招集された。ハリルホジッチ氏の考えを理解してもらい、同時に、3人の人間性などを確認するためだという。

「堅守速攻」と「支配して攻め込む」

すなわち今回の2試合でプレーするMFは6人。その組み合わせにより、堅守速攻の形、そして支配して攻め込む形など、2つのシステムを試すという。

「2つの試合は、少し違った選手構成になるだろう。しかしそれはAチーム、Bチームということではない。できるだけたくさんの選手を使いたいと思う。プレー面でのオートマチズムはまだ期待できないかもしれない。しかしメンタル面では、自分自身を百パーセント出してほしい。とにかく勝ちにこだわってほしい。それについては全員に強く要求していく」

「日本代表の大きな特徴はコレクティブ(集団でのプレー)だと思っている。個人の才能を押し立てるのではなく、攻撃も守備もチーム、グループで行う。サムライ・ブルーは本当に高いレベルに行くはずだ。そしてグラウンド上でわれわれのアイデンティティーを見つけていきたい」と語る。

ザッケローニ氏もアギーレ氏も、選手たちを一人前のプロとして扱ってきた。しかしハリルホジッチ氏は一人ひとりに敬意を払いつつも、スターがプレーするのではなく、チームがプレーするのだと断言する。

「勝利のために全身全霊」不可欠

チームの勝利のために全身全霊を傾けることができない選手は、どんなに大きな才能を持っていても切り捨てられるだろう。その情熱と厳しさが自信喪失ぎみの日本代表に競争と活力をもたらすのではないか。そしてさらにはJリーグを活性化させ、来年のリオデジャネイロ五輪に挑むU-22(22歳以下)日本代表に強い刺激を与え、日本のサッカー全体に好影響を与えるのではないか。

2006年にイビチャ・オシム氏が監督に就任したとき、最初に選んだのはわずか13人だった。その前にオシム氏は日本で3年半の監督生活の経験があり、Jリーグの選手も欧州でプレーする選手たちも熟知していた。そして「13人」の背景には、いくつもの事情があった。しかし「13人の日本代表」はセンセーショナルであり、それ自体が日本の全選手に対する強烈なメッセージだった。

オシム氏の13人との共通点

ハリルホジッチ氏は43人の名簿を発表し、31人を最初の活動に呼んだ。その意味するところは「オシム氏の13人」と共通点がある。「競争が始まる」ということだ。

アギーレ問題という日本サッカーの「災い」が、転じて大きな「福」となるのではないか。ハリルホジッチ氏への期待はさらに膨らんだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン