取材要望も募集 朝日新サービス、読者の声生かす
ブロガー 藤代裕之

(1/3ページ)
2015/3/20 7:00
保存
共有
印刷
その他

朝日新聞が昨年立ち上げた「ウィズニュース(withnews)」。多数のニュースメディアが競い合うが、新聞社が主力サイトと別にニュースサイトを作るのは珍しい。「新聞社もまだまだ取り組めることがあると分かった」と運営チームの奥山晶二郎記者は話す。ソーシャルメディア時代のニュースサイト運営のヒントは思わぬところにあった。

■キュレーションへの危機感

読者の要望を聞きながら、取材を進める

読者の要望を聞きながら、取材を進める

ウィズニュースは、朝日新聞デジタルや広告などに取り組む朝日新聞社デジタル本部のプロジェクトとして2014年7月にオープンした。新聞読者以外をターゲットに新たなサービスを作ろうと1年以上議論した。

編集部は3人、ビジネス部門が1人、社内の記者の協力も得ながら1日4本程度の記事を配信する。アクセス数は、開設当初の月間32万ページビューから15年2月に月間1300万ページビューに達した。

当初はウェブメディアありきではなく、記者が案内するツアーを催行するといった案も出たが、最終的にはニュースを主体にした取り組みとなった。背景にはスマートニュースなどユーザー数を増やすキュレーションアプリへの警戒感がある。

「ヤフーが伸びた時と同じになるのは嫌だね、という話になった。規模としては小さく、スマートニュース対抗とはいかないが、ウェブニュース運営の知見をためていきたい。あわよくばバケればと考えた」

ニュースメディアは大競争時代に入っている。キュレーションに加えて老舗のITmediaやテッククランチ、このコラムでも取り上げたザ・ページ、弁護士ドットコムニュース、LINEニュースなど、多種多様だ。その中でどう差別化するのか。

ウィズニュースは、朝日新聞デジタルの関連サイトにも紹介されず、知名度はほぼゼロでスタート。朝日新聞デジタルのトップページからのアクセス流入は見込めない。そのため、記事1本ごとにネットで広がっていくことでしかアクセスが伸びない。そこで、ネットを意識しながら記事づくりを行なっている。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]