2018年7月19日(木)

スペシャル

フォローする

メイウェザー対パッキャオ 超高額券が示す興行価値
スポーツライター 杉浦大介

(1/3ページ)
2015/3/16 7:00
保存
共有
印刷
その他

 5月2日についに実現するボクシングのドリームマッチ、フロイド・メイウェザー(米国)対マニー・パッキャオ(フィリピン)戦(世界ボクシング協会=WBA、世界ボクシング評議会=WBC、世界ボクシング機構=WBOウエルター級統一戦)の発表記者会見が11日、米ロサンゼルスで行われた。当日は約700人のメディアが集まり、スポーツ専門局のESPNが異例の生中継。全米での盛り上がりは試合直前まで続きそうだ。現代の「世紀の一戦」はいったいどれだけの興行成績をたたき出すのか。そして、この試合がこれほどのビッグビジネスになった理由はどこにあるのか。

「ベストとベスト」の世紀の一戦

 「今回の試合よりもオスカー・デラホーヤ(米国)やミゲール・コット(プエルトリコ)との対戦のときの方が心配だったよ。コットの方がハードパンチャーだったからね。メイウェザーのディフェンスはいいけど、プランを用意してある」

 11日午前、ESPNの番組に出演したパッキャオがそんな刺激的なコメントを残していただけに、発表会見も荒れ気味になるかと思われた。パッキャオが名前を挙げたデラホーヤ、コットとはメイウェザーも対戦し、勝利を収めている。そうした選手たちと比べられて、プライドの高いメイウェザーは心中穏やかではなかったのでは……。

 しかし、会見の壇上に立ったメイウェザーは驚くほど冷静に見えた。「長い道のりだったけれど、僕たちはここにたどり着いた。5月2日は世紀の一戦だ。パッキャオは現代最高のファイターの一人。ベストとベストの戦いだよ」

 これまでのメイウェザーは徹底して悪役を果たすことで自身の商品価値を高め、「マネー(金の亡者)」とのニックネームまで自称した。そんな如才ない王者も、自身と人気、評価を二分するパッキャオとの対戦では余計なセールストークは不要だと判断したのだろう。

歴史的なプラチナチケットに

 無敗のまま5階級を制覇したメイウェザーと、全8階級にわたって活躍し6階級を制したパッキャオ。全階級を通じて最高レベルと思われる2大ボクサーであり、米フォーブス誌のスポーツ選手長者番付でかつて1位(メイウェザー)、2位を占めたほどの人気者同士でもある。そんな2人の対決が発表されて以降、全米は「フィーバー」と呼んでいいほどの騒ぎに包まれている。

 1万6000枚用意されるチケットには、なんと1500~7500ドル(約18万2000~91万円)という値段が付けられた。当初は1000~5000ドルと想定されていたが、爆発的な需要によって値段が跳ね上がったもようだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

関連キーワード

スペシャル 一覧

フォローする
磨き上げた山中の「神の左」はわかっていても避けられなかった=共同共同

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級チャンピオンの山中慎介(35)が26日、引退を発表した。ボクシング人気の高かった昭和のスーパースター、具志堅用高にあと一歩と迫った日本歴代2位の世界王座12連 …続き (3/27)

 ボクシングの世界ヘビー級4団体統一戦の機運が高まり始めている。3月3日、世界ボクシング評議会(WBC)世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)が、最大の難敵とみられていたルイス・オルティス( …続き (3/12)

エンダムとの5カ月ぶりの再戦に向け、村田は体づくりから見直した=共同共同

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級1位、村田諒太(31、帝拳)に雪辱のときが迫ってきた。22日に東京・両国国技館で5月に僅差判定で敗れたアッサン・エンダム(33、フランス)と再戦する。ジャッジの採 …続き (2017/10/18)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]